« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

めっちゃ頑張って記事書いたけど

あれ、調べたらドテラマンの打ち切り理由違う…?え、でもその事故の話はめっちゃ覚えてんだよね…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

明日ママ騒動に思う。

明日ママ騒動で思い出した。私が小学生の頃、「ドテラマン」というアニメがあり、結構好きだった。内容は、小学生がドテラを着て空を飛ぶもの。ある日、小学生がドテラを着てマンションかなんかから飛び降りて、死んだか怪我したか忘れたけど、そのアニメは非難され、打ち切りになった(それだけが理由ではなかったらしいという説もあるが)。何にしろ、楽しみにしてた田舎の小学生としては、残念だった。
なんていうかね、岡村さんが、これで中止したらテレビに未来はな
いと言ったそうだけど、こういうことで内容を一々変更していたら、本来作者が届けたいメッセージが違うものになってしまうと思うし、数々の作品を放映できなくなってしまう(金八先生なんか、少年犯罪に中3で妊娠、果ては薬物と、すごいぞ)。今回のドラマも批判は多いけど、このままのストーリーでラストを予測して楽しみにしてた人には、変更って失礼なんじゃないかなあ。
後、子供が真似するからっていうけど、こんなのみていじめる子は、きっと見てなくても他の方法でいじめます。今回の話って、そういういじめに負けるなって話じゃん。本来のメッセージを受け取れば、このドラマは逆に不遇な子供たちを勇気づけられるよ。
芝居やってるから思うのかもだけど、ドラマにしろアニメにしろ、作者は適当になんて脚本を書いてなくて、一語一句、必死で考えながら書いてる。だから、演者もどういう考えがあろうが一語一句、間違えてはいけない(アドリブが許される場所はともかく)。それを、観て、内容を変えろって、なら観なければ?って思う(そもそも今回22時のドラマだし、子供が演じてるからといって子供向けではないし。)そりゃまあ、例え話の流れに必須だったとしても、暴力シーンや性的シーンや下品なシーンなど、配慮が必要な部分はあるけど。

後もう1つ思い出したのが、ちょっと脱線するけど、中居くんの「砂の器」。犯人の親が犯罪者という設定になってたけど、原作ではハンセン氏病。物語の核の設定であり、テレビ局はハンセン病でいきたかったが、原作者の親族の反対で駄目だったらしい。でもそれは故人である原作者の真意だろうか。
舞台でも過去の作品とかで、現代では例え差別用語になる言葉だったとしても、変更はあり得ない。「売春婦」役と書いてあれば、そのまま「売春婦」という役名をみんなが呼ぶ。
まあ、確かに今回病院とか関わってややこしいことになってるけど、テレビは視聴者の言うなりじゃなくていいんじゃないかな。

ドテラマン思いだしてw思わず書いてしまった。
公式にこんなことかいて大丈夫か私w

でも、伝えたかったから。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »